自転車を16km漕ぐとどのくらい痩せる?

ウォーキングやジョギングと違って、自転車で走るのは足腰にも、ダイエットにもかなりの効果があると言われますよね。どのくらい効果があるのでしょうか?

自転車を16km漕いだという想定で、消費カロリーの計算を行います。まず自転車による消費カロリーの計算方法には、METS法というものを遣う必要があります。足とはちがって道具を使用しているので、直接的な計算方法が明確でないためです。

計算式は以下の通り。

体重×METS×運動時間=消費カロリー

自転車の時速が平均16kmだとすると、METSに入る値は5となります。なので、45kgの人が16kmを自転車で1時間かけて移動した場合、

45×5×1=225

つまり、225Kcalほど消費カロリーに費やしたと言うことになります。225Kcalというと、まとまった消費カロリーにも見えますが、1時間自転車漕ぐのは結構大変ですよね。運動ダイエットのためだけに1時間以上も漕ぐのはちょっと難しいです。

毎日の出社を車通勤から自転車通勤、または「駅まで自転車+電車での移動」に変えるというのなら良いかもしれません。

車通勤から突然自転車での通勤になると、さすがにダイエットしているのは周りにバレバレなのでちょっと恥ずかしいかもしれませんが・・・(笑)運動のためだけに時間を空けて自転車を漕がなくても、効率的にカロリーを消費できますね。