年末にさしかかるこの時期、忘年会やその他のパーティーなどで
かなりの量を食べ過ぎてしまうことがありますよね。

外食、デリバリーの回数もなんとなく増えたり、
年末の帰省でついついご飯を増やしてしまったり……。

冬から春にかけて、
一気に体重が増加してしまう方もいらっしゃるでしょう。

ただ、食べてしまったものを後悔しても、
どうすることもできません。

「じゃあ、やっぱり諦めて太るしかないの?」
「どうしても暴飲暴食を無かったことにしたい!」

という方の為に、今回は、
食べ過ぎたものをリセットする方法をご紹介していきます。

これは食べ過ぎた翌日から行うことができるので、
数日を悶々と過ごすこともなくなり、気持ち的にも軽くなりますよ。

まず、食べ過ぎたあとの体重に変化があるのは翌日ではないのです。

ではいつごろ?といいますと、約3日後。
つまり、食べ過ぎてからリセットをするまでの期間が、
2日は確実に存在するということなのです。

この2日間で何をするのかが大切になってくるのは言うまでもありません。

レタス、キャベツを積極的に摂取する

 

これはどのダイエット方法でも言われていることですが、
唯一「血液型別ダイエット」では
「太りやすい食べ物」に入ってしまっている人もいますよね。

そのような場合は、それぞれ痩せやすくなる食べ物の方から、
食物繊維が多めのものを選んでみましょう。

また、全ての血液型に共通して
「ブロッコリー」が痩せやすい食べ物に入っています。

2日間の間だけでかまわないので、例えば

朝は蒸したブロッコリー、
お昼は温かいお茶、
夜はブロッコリーと少量のたんぱく質

といった「プチ断食」のような環境づくりを行うと、
スムーズに食べ過ぎたものをリセットすることができますよ。

また、この間のビタミン補給にサプリメントを使用する手段もあります。

サプリメントはビタミンだけでなく、ミネラルや鉄分も豊富に含んでいるので、
上手に飲めば2日間の間のリセット率もかなり上昇していきますよ。