前回の大変効率が悪い運動方法とはうってかわって、こちらの「基礎代謝を上げる食べ物」は大変合理的。
なんと、開始してから1カ月で基礎代謝量が30Kcalほども上昇したという報告もあります。
さて、基礎代謝を上げる食べ物とは何でしょうか?

まずは身体をあたためよう!

にんにく(硫化アリル)

代謝を上げる前に必要なことのひとつに「体温を上げる」ということがあります。体温を上げる効果のある食べ物で代表的なものは、

トウガラシ(カプサイシン)

生姜(ショウガオール)

にんにく(硫化アリル)

ゴマ(ビタミンE)

以上の4つです。この4品目を積極的に摂取することによって、体温を上げる効果が期待できます。

代謝をがっつり上げていこう!

カツオ(プロリン)

身体がホカホカしてきたところで必要になるのが、メインの「代謝を上げる食べ物」です。

大豆(リジン)

鶏肉(アルギニン)

アジ(アラニン)

カツオ(プロリン)

この4つの食材が基礎代謝を上げる食べ物です。主菜となる食品が多いので、メニューのローテーションには困らないですね。

ただ、悩みのタネとなるのが「ボリューム」。

意外とたっぷりあるように見えて、毎日のメニューの中でまわしていくのは至難の技。とくに仕事にもハリがでてくる20代後半では、「いちいち手作りなんかする暇ない」「そんな時間があったら書類してる」という人も多いのではないでしょうか。

そういう方は食材で補えない成分を、サプリで基礎代謝を上げる方法を活用してみてくださいね。

「アミノ酸」が必要不可欠!基礎代謝を上げるのに効率的なサプリメントの選び方

食品で摂取する場合、体内への吸収率が非常に低いのもデメリットになるのですが、サプリメントなら直接吸収されるので、とても効率が良いですよ。