古くから稲作などに関わってきた農耕民族をルーツにもつA型は、お肉や魚などの消化をするのが苦手な胃腸を持っているとされています。

鶏肉などあっさりしたものであればさほど害はないのですが、それ以外の脂っこいお肉などを食べてしまうと、レクチンとの相性が悪く、消化不良や体調不良を起こす引き金となってしまうのです。

もちろんA型のレクチンと合わないと言うことは、それだけ排出も難しくなると言うこと。このため、A型はお肉やバター、乳製品を摂取すると、代謝が落ちてしまうと危惧されているのです。ただし、モッツァレラチーズやリコッタチーズは大丈夫なのでご安心ください。

ココナッツオイルもあまり相性が良くないので気をつけましょう。つまり、お肉や脂が多い食事が難しいA型は「糖質制限の合わない体質」だということが言えますね。ちなみに、A型の人が太りやすい食べ物を探してみると、

・キャベツ
・じゃがいも
・豚肉
・牛肉
・ラード
・油で揚げた食べ物
・マーガリン
・牛乳
・生クリーム
・なす

などが出てきました。

他にも

・赤唐辛子
・ケチャップ
・マヨネーズ
・とうもろこし
・コーンスターチ
・えび
・たい
・レバー

などをなるべく避けることが、太りやすい食材をはじくポイントになっています。胃腸に負担がかかってしまうと、太りやすい食材も適切な分解が行われず、余分な贅肉としてたまってしまう恐れがあります。

A型の人が太りやすい食材を良くチェックして、ストレスなく痩せることができれば一番ですよね。