海乳EXには2粒で12mgの亜鉛が含まれており、一日の亜鉛推奨摂取量をカバーしてくれています。しかしながら、亜鉛は吸収率の低い栄養素でもあります。

また、飲む際に何と一緒に飲むかや、飲むタイミングによってはより吸収率を下げてしまうこともあるので、亜鉛をより確実に吸収するためには、飲み方に気をつけた方が良さそうです。
ここでは、海乳EXのおすすめの飲み方と、逆についやってしまいがちだけど避けた方がいい飲み方の両方を紹介していきます。

基本的には水。できればレモン水がおすすめ

サプリメントの飲み方は、基本的に水で飲むのが一番無難です。当たり前と思うかもしれませんが、案外冷蔵庫の中にあるお茶やジュース、良く飲むコーヒーなどと一緒に飲んでしまいがちなんです。
しかし、飲み物に含まれる成分によっては、せっかく摂ったサプリメントの栄養の吸収を妨げる間違った飲み方となってしまう可能性があるんです。水であればそうした心配はないので、サプリメントは水で飲むようにした方が確実です!

ちなみに、海乳EXに関しては水よりもレモン水で飲んだ方がより海乳EXに含まれる栄養素を効率よく吸収することができるので、おすすめの飲み方です。
その理由は、牡蠣エキスの中に含まれている亜鉛を効率よく吸収する手助けをしてくれる成分として、ビタミンCやクエン酸がありますが、そのビタミンCやクエン酸がレモンの中には豊富に含まれているためです。
レモンに関しては、生のレモンを毎回用意して絞るのが面倒であれば、ポッカレモンやサンキストの100%レモンといったものを水に混ぜて飲むだけで十分です。
これでしたら、手軽に水をレモン水にして飲むことができますよね。

飲むタイミングは食後あるいは就寝前

海乳EXを飲むタイミングとしては、就寝前あるいは食後に飲むのが良い飲み方とされています。

まず就寝前に飲む場合ですが、これには就寝中に活発に行われる肌などの新陳代謝をサポートしやすいというメリットがあります。
亜鉛は体の美容や健康において様々な面で機能しており、就寝時に活発に働く機能も多くあります。その際に使われる材料、つまり亜鉛を直前に摂取しておくことで、働く準備を万端にしておくことができるわけです。
もし、就寝前にサプリメントを飲むことで胸焼けを感じやすいという場合は、食後30分〜1時間のうちに飲むようにするのも良いです。
食後に飲むと、食事によって体が栄養を吸収する態勢に入っているので海乳EXの栄養も吸収しやすい状態にあるんです。
食後に飲む場合は、一度に2粒でも1粒ずつを二度に分けてでもどちらの飲み方でもOKです。ただし、その時に気を付けるのは食べ合わせです。

亜鉛の吸収を妨げるものは

亜鉛の吸収を妨げる物質は、以下の5つの成分です。

食物繊維

野菜、海藻類、きのこ、豆類、穀類に多く含まれています。

タンニン

緑茶、紅茶、コーヒー、ワインなどに多く含まれています。

カルシウム

牛乳やチーズなどの乳製品、葉野菜、魚介類の殻や骨に多く含まれています。

フィチン酸

玄米や穀類の外皮などに多く含まれています。

ポリリン酸

スナック菓子やインスタント食品、ジャンクフード、食品添加物に多く含まれています。
サプリメントは一般的に食後30分くらいの間に飲むのが良い飲み方とされていますが、普段の食事では相当気を付けていない限りは亜鉛の吸収を妨げる成分を多かれ少なかれ取ることになります。
普段の食事で逐一チェックするのも大変なので、亜鉛の吸収率が下がるのがどうしても気になる場合は就寝前に海乳EXを飲むのが無難な飲み方です。

海乳EXを愛用している人たちの口コミを見てみたところ、朝一番で海乳EXを飲んでいるという人も多かったです。朝一番では吸収を妨げるものも摂っていないですしね。
レモン水といった吸収を助ける成分と、先ほど紹介した吸収を阻害する5つの成分があることを把握した上で、いろいろ自分で試してみて最も効果を感じたタイミングを見つけましょう。
>>海乳EX公式サイトはこちら

まとめ

海乳EXの飲み方としては、基本的には水、できればレモン水で飲むのがおすすめです。飲むタイミングは就寝前か食後がおすすめです。
逆に吸収を妨げるものとして、5つの成分があることも知っておくと、より間違いなく海乳EXの栄養素を吸収することができます。
飲むタイミングに関しては、それぞれのメリットやデメリットを把握したうえで自分に合ったタイミングがどちらなのか見つけていきましょう。

忘年会の必須サプリ!二日酔い対策に必須の「亜鉛」サプリ

亜鉛12ng配合「海乳EX」が初回980円キャンペーン中!

以下の公式サイトから980円で購入可能です。

海乳EX公式サイト

「海乳EX」公式サイトはこちら

関連記事一覧

<% categoryListTitle | tag_insert(h3) %>