お酒には蒸留酒と醸造酒の2種類があります。

・蒸留酒とは
アルコールを水で薄めたもの
焼酎・ウイスキー・ウォッカなど

・醸造酒とは
アルコールに糖質が含まれたもの
ビール・日本酒・ワインなど

よく話題になるのが「蒸留酒は糖質を含まないから太らない」という話。私の友人にも「蒸留酒は太らないから」と、ウイスキーばかり飲んでいる子がいます・・・がしかし「蒸留酒は太らない」は本当なのでしょうか。これは「嘘でもあり」「本当でもある」と言えます。その理由を説明していきますね。

アルコール自体は吸収されにくいカロリー

アルコールは「エンプティーカロリー」といって、吸収されにくいカロリーです。
そして吸収されやすいのが醸造酒に含まれる「糖質」。だからビールや日本酒は糖質を含むので太りやすく、焼酎やウイスキーは蒸留酒は太りにくい、という理屈です。

確かに糖質を含まれているお酒のほうが太りやすいでしょう。特にカクテルなど甘いジュースで割っているお酒は要注意ですね。

ただし、太りやすい原因を作るのは何も「糖質」だけではありません。まず糖質で太る仕組みですが、糖質は100gほどなら肝臓にとどめておくことが出来るため、糖質を摂ったらすぐに太るというわけではありません。あくまでも「摂り過ぎ」で太ります。100g以上の糖質を蓄積したときに初めて脂肪へと変換され、太ってしまうのです。

つまり糖質の入ったお酒を飲んだり、おつまみを食べても、100g以内の糖質であれば、肝臓で分解されますので太らないのです。

飲み会で太るのを気にするのなら「アルコール度数」もチェック!

飲み会の場合は、カロリーや糖質の他に気にしなければいけないのが「アルコール度数」です。
実はアルコールを分解するのも、糖質を処理するのも同じ「肝臓」なんです。そしてアルコールのほうが優先的に分解されます。

つまりアルコールを分解している最中、糖質は蓄積し続けることになります。ですからお酒を飲んでいる間、糖質はそのまま脂肪に変わっていってしまうということです。

そこで出てくるのが蒸留酒と醸造酒の問題。
確かに蒸留酒そのものは糖質がなく太ることはありませんが、その代わりにアルコール度数が非常に高いです。つまり、醸造酒よりもアルコールを分解するのに時間がかかるということ。

しかもアルコールを分解している最中は、アルコールの分解に必要な糖質を脳が欲しがりますので、ご飯や麺などが欲しくなります。飲み会のあとにラーメンを食べたくなるのはこれが理由です。
結果、アルコール度数の高い蒸留酒のほうが「食べ過ぎ」を誘発しやすいということです。

太りやすさと蒸留酒か醸造酒かはあまり関係がない

「蒸留酒は糖質はないが、アルコール度数が高い」
「醸造酒はアルコール度数は低いが糖質が含まれている」

以上のことから、どちらが太りにくいかは一概には言えません。いくら醸造酒には糖質があるといっても、それが原因で太る可能性は低いでしょう。

結局のところ、どちらのお酒を選んでも「おつまみの食べ過ぎ」で太る可能性が非常に高いということです。
強いて言えば、蒸留酒のほうがアルコール度数が高くちびちびと飲んでも不自然じゃないので、全体的な摂取量が低くおさえられる、といったところでしょうか。

しかしまあ、だからといって蒸留酒でカロリーの低い、焼酎水割りをちびちび飲んでいる女性に可愛げがあるかといえば「うーん・・・」ですよね。

あまり神経質にならず、お酒弱いフリをしてカクテル数杯で済ませ、「飲み過ぎ」「食べ過ぎ」に注意しましょう。
糖質を気にして飲んでいる最中全く食べないやり過ごすというのは、アルコールの吸収を高め、最悪の場合、急性アルコール中毒を引き起こす原因にもなりかねませんので絶対にやめましょう。

居酒屋メニューの中にはアルコールの分解を早めてくれるおつまみがたくさんありますから、いくつか代表的なメニューを覚えておくと便利ですよ。