ダイエット中の飲み会、倒れないためにしておくべきこと

ダイエットなど減量中で、食事制限をしている時の飲み会では、絶対に意識しておかなくてはいけないことがあります。「どうせ食べ過ぎるな、とかでしょ?」と思ってしまいそうですが、そうではありません。

もちろんどのようなコンディションであれ食べ過ぎはよくありませんが、それ以上に危険なのが、絶食後に急に味の濃い・甘いものを飲んだり食べたりすること」なのです。

飲み会では最初にお通しやビールなどを口にするから平気だと考えていませんか?
注目すべきは、次に食べるものなのです。揚げ物やケーキを食べてしまいそうになったとしたら、絶対にストップ。

最初は必ず「サラダ・煮込みうどんなど消化の良い食材」から食べていってください。

そうでないと、ダイエット中で飢餓状態だった身体が、急激な消化、腸蠕動の負荷に耐えられずに、眩暈を起こして倒れることがあるのです。

しかもアルコールがまわっている身体はふらつきやすく、正常な判断が鈍くなることも。最悪のパターンでは、その場で嘔吐して救急車で運ばれる例もありました。

ダイエット中で飲み会に行く場合は、お腹がびっくりしないように、少しずつ、やわらかいものを口にするよう心がけましょう。

また、ダイエット中だからといって過度に意識しすぎることなく、
「今日は早く家に帰れるから置き換えしよう」
「明日は飲み会だけど、もやもやしても仕方がないし割りきってサプリを飲もう」
と、状況によって柔軟に対応していけば、ストレスフリーのダイエットに近づけますよ。