年末の飲み会対策!太らないお酒の飲み方

お酒を飲む時に、強く気にすることは何ですか?

酔ってしまったあとの行動だったり、翌朝に酔いが残ってしまうことだったりするでしょう。

しかし、女性陣の悩みはそれだけではありませんでした。

「バイトの打ち上げで飲みに行ったけど、カロリーを気にしてあまり楽しめなかった」
「カクテルいっぱいでラーメンと同じくらいのカロリーがあるって聞いて、心配」

そのような悩みから、最近では、

「太らないお酒の飲み方」
「太らないお酒そのもの」

を探している人も多いという調査結果があります。

もちろん大人のカロリミットやメタバリアといったサプリを利用して、入ってくる脂肪や糖質そのものをカットすることも有効な策です。

しかし、サプリをたまたま切らしていたり、飲み会のお誘いって突然のこともありますしから手元にない場合もありますよね

サプリがない時でも十分対応できる、太らないお酒の飲み方とは一体何でしょうか?

*おつまみを野菜中心にする*
じつはこれだけでもだいぶ違います。ちょくちょくポテトなどをつまんでしまうことも多いですが、ぐっとこらえてキャベツやきゅうりなど、緑のお野菜を中心に食べましょう。

どうしても濃い味のものが食べたい時には、必ず大根おろしを一緒にどうぞ。身体の中にたまりがちな脂肪を排出する手助けになってくれます。

*カクテルはチビチビ飲む*
なんだか貧乏くさいと思われそうですが、飲み会の席で他人の飲み方までじっくり見ている人はいません。

最初のビールだけ頼んだら、あとは少しずつ、ゆっくりカクテルを楽しみましょう。それだけでも十分にカロリーを抑えられます。

次に、太らないお酒とは何でしょうか?

*ビール*
意外に思われそうですが、実はビールはそれ単品ではほとんどカロリーがありません。問題なのは、やはりおつまみを食べ過ぎてしまうこと。

もしお肉料理が欲しくなった場合は、肉団子系ではなく、純粋にステーキや焼き肉でお腹を満たしましょう。炭水化物は一切取らないように!

*炭酸系*
これも驚かれますが、炭酸の入っているお酒のカロリーはそこまで高くありません。

甘ったるいお酒ほど糖がたっぷり入っているので、飲みたい時は喉越しのいい炭酸の入ったカクテルにしましょう。

このように、飲み方や飲むものを少し選ぶだけでも、十分に太らないお酒を楽しむことができます。

お酒で太らないようにするのは、意外と簡単なのですね。