ヒートスリム 効果的な使い方
お腹のぽっこりを貼るだけで解消できると注目のヒートスリムをもう試してみましたか?

過度な食事制限や激しい運動はなかなか続けられないですし、大半が目標体重になるまでにリタイアしてしまいますよね。

ヒートスリムならただ痩せたいパーツに貼るだけで脂肪を燃やし、ヤセ体質へと改善させることができます。

普通に使うだけでも痩せることはできますが、さらに効果的な使い方をするためにはどうすればいいのでしょうか?

ヒートスリムの基本の使い方

より痩せやすくなるためにヒートスリムの効果的な使い方を知っておきたいですが、まずは基本となる正しい使い方を知っておく必要があります。

ヒートスリムは誰でも簡単に使うことができるのか、使い方をまとめてみました。

・毎日同じ部位に貼らない

よく口コミでもできるだけ痩せるように同じ部位に毎日貼っているといった投稿があがっていますが、ヒートスリムは同じ部位に貼り続けるのはNGです。

肌は皮膚呼吸しないと肌荒れの原因にもなってしまうので、ヒートスリムの最長使用時間は8時間となっており、それ以上貼り続けることもしてはいけません。

また、毎日貼ってしまうのも皮膚呼吸の関係で肌への負担がかかってしまうので、同じ部位に毎日貼らないようにしましょう。

別の部位であれば貼っても問題ないので、例えば1日目はお腹、2日目は太もも、3日目はお腹など1日ごとに貼る部位を変えてくださいね。

・寝るときは必ず外す

寝ている間にヒートスリムを貼っておけば、身体がポカポカと温まって気持ちよく眠れそうな気がしますが、実は夜にヒートスリムを貼るのは逆効果なのです。

就寝中はただでさえ体温があがるので、さらにヒートスリムを貼ることで体温が上がりすぎてしまって寝苦しくなってしまいます。

かなりの冷え性であれば、就寝中にヒートスリムを貼ることで眠りやすくなる人もいますが、体温が平均の数値であれば就寝中にヒートスリムを貼るとかえって眠れなくなってしまうので止めておきましょう。

このような注意点を守れば、あとは痩せたい部位にヒートスリムをただ貼るだけで勝手に痩せていきます。

レビューでも「今までのダイエットってなんだったの!?」と驚きを隠せない喜びの声が多く上がっており、ますます使ってみたくなりますよね。

ただヒートスリムを貼るだけでもいいのですが、より効果的な使い方をするのであれば、どうすればいいのでしょうか?

ヒートスリムの効果的な使い方

貼るだけでもヒートスリムで簡単に痩せることができますが、身体に負担をかけないためにも少しずつ痩せていくものなので、もっと早く痩せたいのであれば物足りなさを感じることも…

ヒートスリムでより効果的な使い方をしたいのであれば、いくつかポイントを押さえるだけでダイエットをさらに早く成功させることができるでしょう。

間食などはできるだけ抑え、食べすぎないように気をつけるだけでも痩せやすくなりますが、あまり食事制限ばかり気にしていると、ストレスがたまってしまって結局リバウンドしてしまう恐れも…

ヒートスリムを貼るだけで代謝を上げることができるので、さらに運動をプラスするだけでも効果的な使い方をすることができます。

運動といっても、ジムやプールに行って毎日激しいトレーニングをする必要はありません。

エレベーターやエスカレーターは極力使わずに階段を使う、一駅前に降りて歩く、ウォーキングをする、家でできる簡単な筋トレを行うだけでも十分効果を得ることができるでしょう。

少し意識すれば続けられることばかりなので、ぜひやってみてくださいね。

ヒートスリムの効果的な使い方は少し工夫すればできることばかりなので、早く痩せたいならチャレンジしてみましょう。