「亜鉛不足は太る原因になります」って言われても、全然ピンときませんよね?でも、実はこれ、本当のことなんです。

ダイエットの基本は「必要以上に動き、必要以上に食べないこと」ですよね。しかし、亜鉛不足が続くとこの原則が崩れ、太ることにつながっていきます。
そこで今回は、なぜ亜鉛不足が太る原因になるのか、対策としてどうすればいいのかを紹介していきます。きちんと原因を把握して、対策を立てていきましょう。

亜鉛不足が太る原因になる理由

亜鉛不足が太る原因になるという理由は、3つあります。

味覚が正しく機能しなくなる

食べ物を味わうための味覚、これは舌にある細胞によって感じることができます。そして、その細胞が新しく生まれ変わり続けることでその機能は維持されます。
その生まれ変わりの際に必要なのが亜鉛なんです。亜鉛が足りないと、細胞を新しく生まれ変わらせることができません。
そうするとだんだんと下の細胞が古くなっていき、食べ物を味わう機能が衰えてしまい、味覚がおかしくなってしまうんです。

味覚が正しく機能しないと、どれだけ食べてもなかなか脳が満足してくれません。その結果、脳を満足させるためにいつも以上に食べ続け、食べ過ぎしまう、というわけです。
その結果、さきほど述べたダイエットの基本である「必要以上に食べないこと」から外れてしまい、太ることにつながります。

食欲がセーブできなくなる

人の体には食欲のコントロールをしてくれるホルモンがあるのですが、そのホルモンを生成するためにも亜鉛が必要になります。
亜鉛が足りないと、食欲をコントロールするホルモンの生成が滞り、食欲の抑えが効かなくなりがちで、結果として食べ過ぎることが増え、太ることにつながります。

筋力が低下しやすくなる

筋力が低下してしまうと代謝も低下します。それはつまり、摂取したカロリーをうまく消費できなくなるということです。

筋力をキープすることもダイエットの上では重要なのですが、そのためにも亜鉛がやはり関わってくるのです。
そのため、亜鉛不足が続くと筋力が低下しがちになり、代謝が落ちやすくなるので太ることにつながります。
また、せっかくトレーニングなどで筋力アップして代謝を上げようとしても、亜鉛不足により筋力アップが妨げられるので、非効率になります。

亜鉛不足への対策

亜鉛不足が太る原因になることはお分かりいただけたかと思いますが、その対策としては、亜鉛を摂取することしかありません。

亜鉛は体内で作り出すことができないので、食べ物などで摂取する必要があります。亜鉛を多く含む食べ物のといえば、牡蠣などが思い浮かびますね。
他にもレバーや赤身肉、大豆製品、卵黄などにも比較的豊富に亜鉛が含まれています。そういった食べ物を積極的に食べるといいでしょう。
しかし、亜鉛だけを摂取していても大きな効果はありません。痩せやすく、太りにくい体になるにはバランスのとれた栄養素が必要です。
ですから、正しい栄養バランスを心がけて、なおかつ亜鉛不足にならないように十分な亜鉛を摂取するのがいいでしょう。

手軽で有効なのが亜鉛サプリメント

食事だけで正しい栄養バランスを保ち続けるのも難しいと思います。そんなときは、サプリを上手に活用するのもおすすめです。

健康のために大切なのは何と言っても継続すること。全てにフルパワーで取り組もうとすると、疲れて三日坊主になってしまうこともありますよね。
無理なく継続していくためにも、時には上手にラクすることも大切です。

まとめ

ダイエットの基本と言えば、「必要以上に動き、必要以上に食べないこと」ですが、亜鉛不足が続くとこの原則が崩れ、太ることにつながっていきます。
具体的には、㈰味覚が正しく機能しなくなり、㈪食欲がセーブできなくなり、㈫筋力が低下しやすくなります。
効率的にダイエットができるようにするためにも、予期せぬ亜鉛不足で太る原因を作ってしまうことを避けるためにも、亜鉛不足を防ぎましょう。
そのためには亜鉛を摂取するしかありません。亜鉛を豊富に含む食べ物を食べるのも良いですが、サプリをうまく活用することも手軽に継続するという意味でもおすすめです。

忘年会の必須サプリ!二日酔い対策に必須の「亜鉛」サプリ

亜鉛12ng配合「海乳EX」が初回980円キャンペーン中!

以下の公式サイトから980円で購入可能です。

海乳EX公式サイト

「海乳EX」公式サイトはこちら

関連記事一覧

<% categoryListTitle | tag_insert(h3) %>

<% AQEntries %>

<% pageThumbnail | tag_insert(div class="thumb") %>